雑感

結婚式の準備もいろいろある。

アメリカにいて式場を見れない彼女に代わり、彼女の親に下見してOKをもらったのだが、母親が、ドレスやお花について詳しく聞きたいとのことで担当者に会うらしい。

担当者は、こういうことは話して良いですかとか色々聞いてきたが、全てO.K。というかどんどん話してくださいと言っておいた。とにかく、最初に言いたいとこをなるべく言ってもらうのがベターで後からグジュグジュ言われるのは適わない。

でも、式場の担当者がしつこく確認するのは、親、本人達、の間で色々揉め事が起こり、見積書を勝手に見せたとか担当者にもその喧嘩が飛び火することがあるのだろう。とにかく、そういうことまで、きちんと聞いてくれるのはいい式場だ。

今日は、高校の友達とみみ卯で飯を食べる。政治の世界からサラリーマンに戻った奴は、服装が若返りびっくり。本人は自覚していないみたいだけど、環境は人を変えるなぁと思う。一人夜、予定があることもあり、四時スタートで八時終わりだった。昔ならこんな早くから気分がのらないなと思うところだが、今は、早く帰れて嬉しい。なんか、夜遅いと、翌日、しんどいんだな。今後も、この四時スタートを多用しそうな予感。。。

で、今日、意外だと思ったことは価値観かな。

個人的には、アルジェントASOは店自体は新しいがひらまつ系列の老舗であり、私と彼女の選択基準の「格式がある」に思いっきり該当したのだが、友人は、いや、日系のオークラや帝国に較べるとなぁと言われた。確かに、知名度は問題なしに負けるけど、個人的には、なにか、流行おくれというと失礼だろうが、なんか、現代においては安っぽい感じがするんですよね、個人的には。勿論、彼女の友達には、オークラで1千万を超す費用をかけて料理も全てセットメニューとは違うのにする等なさった方がいるのは承知だが、玉石混合で。。。

ちなみに、私と彼女の選びの基準は以下の通り。
1 料理がおいしい
2 担当者(スタッフ)がよい
3 格式がある(但し、ありふれていない)
4 バリアフリー(高齢の車椅子の出席者がいるため)

1と4は自明だと思う。2は、4つの要素の中でも5割近い比重だと探し始める前に考えていて、それは変わっていない。結婚式はそもそも、演出等、ソフトによる部分が多く、また、ちょっとしたミスで印象が悪くなってしまう。それに、料金的にも、誰に聞いても、だんだん事前には考えていなかったオプションが欲しくなり、値段は当初の金額よりも何十万も高くなるので、値段を事前に徹底的に交渉するのは無意味である。(人気のない会場だったら勿論可能だと思うが。)

だから、やる気があってしっかりしてそうな人を約2時間の見学の間に見抜くことが重要であると思っていた。所詮はレストランでもホテルでも担当者はサラリーマンなので、さりげなく平均勤務年数を聞いたり(長い人が多いほど人間関係の良い職場)、自分についてくれた担当者以外のスタッフの態度(挨拶等)を良く見ていた。まぁ、これは、普通の会社の活気ある職場を見抜く方法と一緒である。

また、格式はさっき触れたけど、グランドハイアットやQEDについては、我々の友人が多く挙げているので、そういうところは彼女は嫌だということで、候補から落とした。確かに、2番煎じという気もするし、招待客も来たことがあるところとないところだとそれだけで、期待感が違うというのは確かだから。
[PR]
by voxvoxvox | 2005-12-10 23:38


(続式場探し) >>