<   2005年 04月 ( 37 )   > この月の画像一覧

4月30日

今、実は小泉首相は、インドを訪問している。

日経とかは一面で伝えているから知っている人は知っているのだろうけど、TVでは2時間近い報道番組でもほとんど伝えていない。尼崎の事故を伝えるのは分かるけれど、台湾野党党首の中国訪問を伝えて、インドについて報じないのは本当に不思議である。

今や、ビジネスウィークを読んでいると、毎週のようにインドの記事が載り、中国の記事も多いがそれとまけず劣らずインドの記事も多い。これは何故か。

その第一の理由が、インドとの経済的結びつきの弱さであろう。インドがアメリカで注目される理由は、
 
1 ITを中心としたアウトソース先

2 中国に続く巨大消費市場

3 300万人の在米インド人

の3つであろう。アウトソースに関しては、日本からのアウトソースは日本語も出来る人材が多い大連に集中してしまいインドにアウトソースをしていないということが大きいのであろう。また、アメリカではホワイトカラーの仕事がとられる(例えば、レントゲン写真をインドに送ってインド人の医者がカルテを書くことによりアメリカ人の医者が失業してしまう)という中国ではなかった(中国では工場が主体なのでブルーカラーへの脅威だった)脅威が言われるが、言葉の壁によりその恐れがないことが大きいだろう。でも、逆に言えば、それだけ競争がないということになり、アメリカより日本はアウトソースで立ち遅れ、コスト面でアメリカ企業に対して不利になりつつある。

また、2番目の巨大消費市場だが、日本の電機メーカーはサムスンやLGに較べて大きく出遅れている。これは、今や投資余力が経営状態の悪い日系メーカーは韓国に劣り、インドにまで大きな投資を出来ないのが大きな理由らしい。特に、発展途上国の典型市場であるインドは日本企業お得意の高品質による差別化がしにくいであろうから。

3番目だが、日本でインド人はITでちょっと居るくらいであろう。アメリカの外科医の1割はインド人らしいし、私のいたテキサス大学でも教授の3分の1位はインド人で、インド人の優秀さがアメリカ人は分かってるし、また、インドに関する情報も彼らからすぐとれる。また、インドに関するセミナーもよくアメリカでは開かれているが余り、日本では聞かない。

経済的に出遅れているのは懸念すべきことだが、それ以上に、安全保障上でも重要と思われる。というのも、中国をけん制するにも、インドと仲良くすることは重要なのである。よく、外交では敵の敵は味方というが、その典型例で、インドと日本は結びつきは強くないが、逆に領土問題や産業で利害がぶつかることも少なく、積極的にすれば、シナジーは生みやすい国なのである。特に、アメリカがやっているように、今、中国をけん制するのはインドカードが一番有効である。ロシアも同様なのだが、北方領土を抱える上に、未だ、経済も混乱から抜け出せず、インドより時間がかかりそうであるのでなおさらだ。

こういう国民というかマスコミの無関心はともかく、毎年の首脳会議の開催など、結構、実りのある中身に小泉さんのインド訪問はなっているようで、その成果に期待したい。
[PR]
by voxvoxvox | 2005-04-30 11:46

4月26日

尼崎の事故は本当に痛ましい。昔は鉄道ファンだっただけに、鉄道でこんなに亡くなるなんてなんとも悲しい。

今回の事故ではいろいろ原因が言われているが、もし、カーブの線路の脇に脱線防止用の線路をもう一本つけておけばまずは起きなかったことは確かである。日比谷線の衝突事故の教訓はないのであろうか。ATSを更新するならば車両の対応化も含めて莫大なお金がかかり、近年の人口減少で郵送人員が毎年減っている関西圏の鉄道では簡単でないことは分かるが、脱線防止用の線路をもう一本なら、そんなに大金はかかるわけでなかろうに。今や、大金を使ったシステムを使ってどうこうするというのが大流行だが、まずは、アナログでお金をかけずに解決できる方策はないのか考えるのが重要だということを再認識した。

それと、列車の遅れに対して罰金ということが言われるが、これを本格的にやって最初に大成功したのはContinentalである。90年代に倒産後、その理由が飛行機会社の中でも最悪の遅延率にあると考え、全社員に対して、遅延率とボーナスを連動させるようにした。そうすると、全部署が頑張るから、メンテナンス部門が頑張りだして飛行機の故障が減るわ、部署間のコミュニケーションが良くなって荷物の紛失も減るわで、本来の遅延率低下以外に大きなメリットが得られた。ということで、今やアメリカのキャリアではほとんど取り入れられている。

ところが、今回のJRではその遅延率インセンティブが逆に最悪の事態を招いた原因になった可能性もあると指摘されている。この違いはなんなのか。恐らく、減点主義(JR)と加点主義(Continental)の違いに見られるように、会社が官僚的か自由闊達な雰囲気かというところになるのだろう。民営化すれども、まだ、エリート採用組ばかりが昇進する仕組みが残っているJRはそこから取り組まなければならないであろう。
[PR]
by voxvoxvox | 2005-04-26 20:01

4月25日

いつの間にか、日中の問題がテンションが下がっている。原因は欧米のメディアが日本よりの報道をしているからである。欧米から見れば、現状、法輪功やチベット(これを同列に語ると起こられるかもしれないが)等圧政をしいている中国が民主主義国で極めて平和的な日本の過去を責めるなんて、ちゃんちゃらおかしいということである。

丁度、機を同じくして、戦争広告代理店という本を読んだ。ボスニアヘルツェゴビナの内戦において、セルビア人とモスリム人が同様にお互いの民族を排除しようとしているのだが、モスリム人側が雇ったアメリカの広告代理店のマスコミや議会への工作により、一方的にセルビア人側が悪いことをしているとされてしまう話である。結果的に、セルビア側は国連を脱退させられ、EUに空爆され、そしてミロシェビッチ大統領は告訴されてしまうのである。

如何に、アピールというのが重要なのかを学ばされ、また、今回の中国との一件でも、欧米のメディアひいては、欧米の国民の共感を呼べるかどうかが重要だということを学んだ。

まぁ、何事もアピールしないと負けるんですな、国際社会では。そういうのは個人的には大嫌いだが、必要悪というところなのでしょう。
[PR]
by voxvoxvox | 2005-04-25 20:55

4月24日

仕事を選ぶときのリスクを最近よく考える。

リスクその1
自分が仕事で結果を出せないリスク

リスクその2
会社が経営的に上手くいかないリスク

前者は自分である程度コントローラブルだが、後者は私のようなミドルマネージメントを狙うクラスではアンコントローラブルといえよう。

逆に、前者のリスクは、安定性の少ないベンチャーのような会社に行くと人材に乏しいので減るが、その分、後者のリスクがベンチャーに行くと高まるということで、トレードオフなかん系にあるといえる。

よって、非常に難しい。この中間としては、極めて日本的な企業に入り、仕事が短中期的に結果が出せなくとも、長い目で見てもらえる会社に入るという手があるが、私のような30代も半ばを迎えると、高度な専門性がない限り、なかなか入れない。というか、聞く限り、日系の大手企業に入ると、30代の中途の離職率はかなり高いらしい。

ということで、私はMBAにこだわらないで給料は低くてもかまわないので安定した仕事をと思って活動していたが、どうも、転職2回+MBAだとなかなかそういう仕事はないみたいなのである。確かに、採用する側にとっても、かなり活動的に見える履歴みたいで(南米で事業の立ち上げとかやってるからだと思うが)、外資系でも在庫管理みたいな地味な仕事で良いんですかと応募すると言われてしまう。私にしたら存外なのだが、採用側からすると、当然の懸念なのでしょう。

ということで、迷う最近。
[PR]
by voxvoxvox | 2005-04-24 20:44

4月23日

日本の週刊誌を見ていると面白い。先週の週刊誌は、ほとんど、中国での反日は報道されているよりずっと深刻だというネタだったのですが、今週になると(例えば週刊新潮)、デモをやっているのは田舎者ばかりでほとんどの人は全然気にしていないと。

まぁ、週刊誌というメディアは速報性はないし、かと言って、月刊誌や単行本ほど堅苦しいことかけないから、TVや新聞では書けない裏事情を本当はこうなんですよというところに存在意義がある。だから、私は、残虐な事件があると、公共性のあるTVや新聞で書けないことを書いている週刊誌を読んでしまうのだが、今回の中国のようなネタだと、売らんかな主義の悪いところだと思うから、気をつけないと。

ちょっと話しが外れるが、南米に居たときとかは、週刊誌が3ヶ月とかひどいときは半年遅れで届いていた。1年もすると1,2ヶ月遅れだと新しいと思ってしまってた。そういう場合でも、予測記事や憶測記事の当たっているか外れているかを楽しんでいたけど、週刊誌もそれくらい客観的に読むべきということなんでしょう。

日中首脳会談も行われたそうで、当たり前だけど、胡主席は原則論を繰り返してた。まぁ、彼らは表面上は引けないし、日本としても下手に譲歩してもらって中国人を怒らせ、5月4日にデモの再発は困るので、今回は首脳会談が再開したということが大きいのでしょう。ビジネスでも、一回目の訪問ではとりあえず、相手に顔を覚えてもらい、親近感を深めるから。
[PR]
by voxvoxvox | 2005-04-23 23:44

4月22日

今日は、宇都宮まで行ってきた。ある会社の面接を受けに行ってきたのであるが、実は宇都宮に行くのは初めてだった。以外に茨城県どころか茨城沿いの海までも車で2時間ということで、渋滞に慣れてしまった東京の感覚ではちょっと?かな。

その後、東京で、ある会社の説明会。

その中で、興味深いデータが。

昨今、JASDAQやマザーズが出来て新規公開した会社はここ7年間で約1000社にのぼるという。ならすと1年で100社を超え、これはアメリカのNASDAQをも大幅に上回る、日本は世界に冠たる株式公開王国らしいのです。

一方で、その会社が時価1000億を越える水準まで来ているかというとほとんどない。最近、公開した会社なのでという理由もあろうが、いわゆるベンチャーで言うミドルステージのマネージメントがよくないのが原因として大きそうということ。ここが日本とアメリカの違うところらしい。アメリカはここら辺を支援するベンチャーキャピタルもあるし、また、この規模を専門とする経営者も居て、上手く成長を加速させる仕組みがある。

ふぅ~んと思った。意外な日本の実態である。
[PR]
by voxvoxvox | 2005-04-22 23:48

4月21日

今日は転職コンサルタントというか、ヘッドハンターに会ってきた。

どうも、なかなか合う仕事を探すのは大変。特に、私の場合、事業企画をやってきたから。

MBAを持つ人は、一般的にMBAを評価してくれる外資に行くのだが、逆に、外資の日本法人はいわば、日本営業支店だから、営業企画やマーケティング企画はあっても、本当の戦略的な企画は本国にある。よって、なかなか日本にない。

一方、日系の会社はやはり、中途にしても年齢が若い人を望む傾向が強いので、これも難しい。というか、営業やマーケティングに較べても、そもそも採用枠が少ないし、あっても大抵1人枠。

本当は、別に事業企画にこだわらないのだが、ここ数年はほとんどそれ以外の仕事はしていないので、マーケティングで応募するとその道10年とかの人に負けてしまう。もう、30過ぎると、その分野で業績をあげた経験のある人がいるから、なかなかそういう人に勝てないんですよね。

って、泣き言ばかり言っていてもしょうがないし、自分のしたいことをしてきたから、別に後悔しているわけでない。実際、今日も、事業企画の仕事を紹介してもらったから、それに向けて頑張りたい。

でも、キャリアはあまりニッチに行くと歳をとってから仕事探しに苦労するということだけは確かだと思う。だから、事業企画で入社しても、物流やマーケティングなどのほかの部署になるべく早く移って経験をつみ、その分野でも転職できるようにするつもり。
[PR]
by voxvoxvox | 2005-04-21 20:21

4月21日

どうも、日中関係も少し落ち着いてきたみたいである。何より。

ところで、就職活動を再開しようと思っている。やはり、30代半ばになると、経験のない仕事だとまず、書類ではねられてしまう。前にも書いたかもしれないが、私のジレンマは、海外関係の職歴ばかりなので、MBAが本来その資格の強みを発揮できる外資系では経歴が生きないことである。

一方で、日系企業に行くと、今度は今の時期、新卒の採用やオリエンテーションに忙しく、ほとんど求人がない。リクルートエイブリックの公開情報ベースだと6,7割といったところか。この中には一年中ずっと募集している会社もあるので、スポット的な募集で言えば半減どころかほとんどないと言っていい状態である。その上で、1社中国のポジションに応募していたら、募集をやめることにしましたと連絡があるし。多分、最近の中国情勢とのからみがあるのであろう。今時海外といったら半分以上ポジションは中国関連なので、実は、私の就職活動において、日中関係というのは非常に重いのである。(泣)

頑張らないと。。;
[PR]
by voxvoxvox | 2005-04-20 22:57

4月20日

中国は日本が要求している被害の賠償を大使館の貸主がするといわせたり、実質はするみたいだ。どうしてかと聞かれるが、面子の国で、自分が負けと分かっていても、口では言いたくないということに尽きるだろう。アメリカでも中国でもビジネススクールに居る中国人学生と一緒だ。国民性だろう。それに加えて、国の場合は、国民の手前というのも加わるから。。。

でも、どうも、日本の常任理事国入りも中国が賛成する云々の前にアメリカがもともとこのインド、ブラジル、ドイツも加えた拡大常任理事国という考えに賛成しないということが実質去年決まったそうで、今年やっているのはセレモニーだけで、最終的には実現しないことは各国とも分かっているそうだ。外交というのは本当に本音と建前だと思う。

でも、そうすると、日本も短期的には別に中国との関係が悪くなっても失うものが余りないということになる。経済関係については、中国側も悪くなると困るから中国側もそんなに圧力をかけれないだろうし。

それにしても、外交というのはどうしても国民に全てを知らせると事が進まなくなるのでどうしても政府の一部の人だけが知り、また決断する世界で、考えていると本当にむなしくなる。そういう意味では、我々の居るビジネスの世界は少なくともOPENなので、やっぱり、こっちの世界に居てよかったとおもうだけだ。なんとなく、外交についてはなんか、割り切れない気もするけど。。。
[PR]
by voxvoxvox | 2005-04-19 23:28

4月19日

今回の事件、解決の糸口は何なのであろうか?

それには、何故、起こったのかということを考えるのが必要である。

1反日教育
江沢民が主席に就任以降、彼自身の戦争体験もあり、徹底的な反日教育をしたことがあるのが大きい。これは、天安門事件の反省から、民衆のためにという政府の存在意義が疑われだしたため、もうひとつの共産党の設立時の栄光である旧日本軍を追い出した威光を共産党のレーゾンデートルとして政府の正当化にしようとしたのである。

2台湾問題
勿論、今年のこの事件までの中国関連の最大のニュースは、反国家分裂法による台湾に対して武力行使をせずという中国の正式な人民会議での意思決定だった。それに対して、日本は日米安保協議で台湾を米国との共同戦略目標にすることににして、中国を刺激した。

3教科書問題、靖国問題
ご存知の通り

4常任理事国に立候補


これらで一番何が問題かというと、私は台湾問題だと思う。それ以外は、いわば、中国にとっても想定の範囲内だったわけで。というのも、先日の外相会談においてTVでも何度も放映されたが、中国の外務大臣の最初の発言は、台湾問題だった。文法的に見ればその後に続いたほかの問題と並列なのだが。丁度、私は同様の表現を文法で習ったが、中国語の先生は中国人は同じ並列でも一番最初に言うものが一番重いと基本的に考えると言っていた。

だから、私は、今回のデモは、中国政府の台湾問題にアメリカと組んで干渉するなら、常任理事国入りは許さないという中国の意思表示だと思っている。歴史問題と学生は、交渉の手段に過ぎないはずだ。。。
[PR]
by voxvoxvox | 2005-04-19 01:37