4月21日

今日は転職コンサルタントというか、ヘッドハンターに会ってきた。

どうも、なかなか合う仕事を探すのは大変。特に、私の場合、事業企画をやってきたから。

MBAを持つ人は、一般的にMBAを評価してくれる外資に行くのだが、逆に、外資の日本法人はいわば、日本営業支店だから、営業企画やマーケティング企画はあっても、本当の戦略的な企画は本国にある。よって、なかなか日本にない。

一方、日系の会社はやはり、中途にしても年齢が若い人を望む傾向が強いので、これも難しい。というか、営業やマーケティングに較べても、そもそも採用枠が少ないし、あっても大抵1人枠。

本当は、別に事業企画にこだわらないのだが、ここ数年はほとんどそれ以外の仕事はしていないので、マーケティングで応募するとその道10年とかの人に負けてしまう。もう、30過ぎると、その分野で業績をあげた経験のある人がいるから、なかなかそういう人に勝てないんですよね。

って、泣き言ばかり言っていてもしょうがないし、自分のしたいことをしてきたから、別に後悔しているわけでない。実際、今日も、事業企画の仕事を紹介してもらったから、それに向けて頑張りたい。

でも、キャリアはあまりニッチに行くと歳をとってから仕事探しに苦労するということだけは確かだと思う。だから、事業企画で入社しても、物流やマーケティングなどのほかの部署になるべく早く移って経験をつみ、その分野でも転職できるようにするつもり。
[PR]
# by voxvoxvox | 2005-04-21 20:21

4月21日

どうも、日中関係も少し落ち着いてきたみたいである。何より。

ところで、就職活動を再開しようと思っている。やはり、30代半ばになると、経験のない仕事だとまず、書類ではねられてしまう。前にも書いたかもしれないが、私のジレンマは、海外関係の職歴ばかりなので、MBAが本来その資格の強みを発揮できる外資系では経歴が生きないことである。

一方で、日系企業に行くと、今度は今の時期、新卒の採用やオリエンテーションに忙しく、ほとんど求人がない。リクルートエイブリックの公開情報ベースだと6,7割といったところか。この中には一年中ずっと募集している会社もあるので、スポット的な募集で言えば半減どころかほとんどないと言っていい状態である。その上で、1社中国のポジションに応募していたら、募集をやめることにしましたと連絡があるし。多分、最近の中国情勢とのからみがあるのであろう。今時海外といったら半分以上ポジションは中国関連なので、実は、私の就職活動において、日中関係というのは非常に重いのである。(泣)

頑張らないと。。;
[PR]
# by voxvoxvox | 2005-04-20 22:57

4月20日

中国は日本が要求している被害の賠償を大使館の貸主がするといわせたり、実質はするみたいだ。どうしてかと聞かれるが、面子の国で、自分が負けと分かっていても、口では言いたくないということに尽きるだろう。アメリカでも中国でもビジネススクールに居る中国人学生と一緒だ。国民性だろう。それに加えて、国の場合は、国民の手前というのも加わるから。。。

でも、どうも、日本の常任理事国入りも中国が賛成する云々の前にアメリカがもともとこのインド、ブラジル、ドイツも加えた拡大常任理事国という考えに賛成しないということが実質去年決まったそうで、今年やっているのはセレモニーだけで、最終的には実現しないことは各国とも分かっているそうだ。外交というのは本当に本音と建前だと思う。

でも、そうすると、日本も短期的には別に中国との関係が悪くなっても失うものが余りないということになる。経済関係については、中国側も悪くなると困るから中国側もそんなに圧力をかけれないだろうし。

それにしても、外交というのはどうしても国民に全てを知らせると事が進まなくなるのでどうしても政府の一部の人だけが知り、また決断する世界で、考えていると本当にむなしくなる。そういう意味では、我々の居るビジネスの世界は少なくともOPENなので、やっぱり、こっちの世界に居てよかったとおもうだけだ。なんとなく、外交についてはなんか、割り切れない気もするけど。。。
[PR]
# by voxvoxvox | 2005-04-19 23:28

4月19日

今回の事件、解決の糸口は何なのであろうか?

それには、何故、起こったのかということを考えるのが必要である。

1反日教育
江沢民が主席に就任以降、彼自身の戦争体験もあり、徹底的な反日教育をしたことがあるのが大きい。これは、天安門事件の反省から、民衆のためにという政府の存在意義が疑われだしたため、もうひとつの共産党の設立時の栄光である旧日本軍を追い出した威光を共産党のレーゾンデートルとして政府の正当化にしようとしたのである。

2台湾問題
勿論、今年のこの事件までの中国関連の最大のニュースは、反国家分裂法による台湾に対して武力行使をせずという中国の正式な人民会議での意思決定だった。それに対して、日本は日米安保協議で台湾を米国との共同戦略目標にすることににして、中国を刺激した。

3教科書問題、靖国問題
ご存知の通り

4常任理事国に立候補


これらで一番何が問題かというと、私は台湾問題だと思う。それ以外は、いわば、中国にとっても想定の範囲内だったわけで。というのも、先日の外相会談においてTVでも何度も放映されたが、中国の外務大臣の最初の発言は、台湾問題だった。文法的に見ればその後に続いたほかの問題と並列なのだが。丁度、私は同様の表現を文法で習ったが、中国語の先生は中国人は同じ並列でも一番最初に言うものが一番重いと基本的に考えると言っていた。

だから、私は、今回のデモは、中国政府の台湾問題にアメリカと組んで干渉するなら、常任理事国入りは許さないという中国の意思表示だと思っている。歴史問題と学生は、交渉の手段に過ぎないはずだ。。。
[PR]
# by voxvoxvox | 2005-04-19 01:37

4月17日

もうすぐ、中国を離れる。

こっちにきて、予想以上に、中国人のメンタリティーに影響を与えていると思ったのは次の2点。

一人っ子

文化大革命の影響

前者はやはりわがままな人が多いし、家事なんて上海では全くしない。学校の先生や職員を中心に10数人の20代の女性に料理をするか聞いたが、すると答える人は居なかった。というか、そんなことをしないのが彼らの誇り!

後者は、両親が丁度、文革で勉強できなかった世代になるので、学歴に対する執着心が強い。それ以上に、周りの人に密告され政府にひどい目に合わされたので、自分の肉親しか究極には信用しないメンタリティー。自分の親から、文革時代の人に裏切られていた話を聞かされ続ければ誰でもそうなるでしょう。

というマイナス面も多いが、一方で、やはり、この上海の発展はすごい。

テキサスのMBAに居たときは中国なんてと言っていた人が多かったが、こっちの学校に居ると、ものすごい人数のExecutive MBAに通う中年の男性、女性(中国では結構多い)に驚かされる。今や、アメリカでも、中国でも教えている内容は一緒なのだ。(クラスの中身は学生の性格や経験にかなり依存するから一緒とはいえないけど)

そういえば、今日、こっちの学校(CEIBS)の同窓会に入会した。500元は高いと思う。年会費は無料だと思うけど、そんなに金のかかる性質の組織じゃないでしょう?
[PR]
# by voxvoxvox | 2005-04-18 17:27

4月17日

ところで、私は5月の第一週はNew Yorkに行く。米系企業に勤めている友人に会いに行くのに、いつでも時間のある暇な学生がなんでGWに行かなきゃ行けないのかちょっと未だに自分でもよく分からない。。。けど、今日、SKYPEで友達と話していたら、New Yorkの街のことを思い出した。

いったことのある人なら分かると思うが、10分も歩けば必ず、中国人の悲惨な写真を持った集団に出会う。街中20組位はいるんじゃないか。中国で抑圧されている法輪功なのだが、拷問された写真があまりにも悲惨でそれが観光地の辻辻にいるのだ。中には、囚人服を赤ペンキか何かで血だらけにして、檻の中に入っている人まで居る。ちょっとやめて欲しいのだが、中国への米国からの政治的圧力なのだろうか、いっこうになくならない。

そういえば、私の前職の会社で新疆自治区出身の人が居た。日本の会社で東京勤務だったのだが、斜め前に座ってる全く知識のない私に対して、如何に素晴らしい所か写真を色々見せてくれて語ってくれた。ブドウやスモモ等、フルーツがたくさん取れるし、風光明媚な山があり、本当に行ってみたいと思った。時々その人は、中国についても話してくれた、東京だから話せるけどと言って。

少数民族であるウィグル人は、中国政府の同化政策により、自分達のウィグル語を話すことを禁止されている。実際に、家では話しているのだが、学校では使えない。大きな会社でも使えないから、実際、異民族の言語である中国語を覚えないと仕事がもらえない。そして、中国語しか使えない新疆の大学を出て大学院に行こうとすると、2年間、中国の文化と歴史を強制的に学ばされ、それを2年後終了してから、やっと院にいけるそうだ。子供の頃から中国に指定された教科書を使い、中国語しか使わないで習ってきたのに、漢民族の人に対して、自動的に2年、遅れてしまうのだ。

じゃあ、何故、こんなことをしているかというと、資源である。中国は急速な成長によりエネルギーが不足しているのはご承知の通りだが、新疆は石炭で中国の3分の2、石油でも半分近くを産するのである。数年前に、新疆で独立運動抑圧して大虐殺をやりその功績で昇進した人、それが今の胡国家主席である。

日本も過去について、もっと反省すべきだということは確かである。でも、その前に、現在進行形の問題をどう解決するかというか、中国が自制するか、また、国際社会が防ぐことが何より急がれると思われる。新疆だけでない、チベットでも、そして台湾に対しても武力で脅しているのである。
[PR]
# by voxvoxvox | 2005-04-18 00:33

4月17日

TVで町村外務大臣と中国外務大臣の会談をやっていた。
町村さんが謝罪を要求し、中国側が明確に拒否していた。全く、話はかみあっていない。でも、kの後、非公式に飯を食べたというから、明らかに両国民向けのやらせに思える冒頭のTV放映された会議と違い、実質の話をしているのだろう。

日本側はどういう玉を投げるのだろう。韓国と同様、共同歴史研究は当然として、小泉さんの靖国参拝中止カードを切るのかな。。。

それにしても、落ち着かない。来週から、日本に帰って就職活動をするというのに。テキサスであんなに暇だったのに、上海という街は何かみんながあくせくしていて落ち着かない上に、今回のデモだ。といっても、それと関係なく、明日も晩飯を食いに街中に出かけるけど。まぁ、今日も、デモの出発地点に行ったけど、警官が少し多かっただけで、人々はいつものようだったし、日系の店もやっていたから、問題ないだろう。次は5月4日かな。

私は、上海ではデモはどうかなと思ったのだけど、実際起きた。上海人は生活水準が高いのでデモなんか野蛮なことといっていて、私の周りは参加した人は聞かない。というか、単純に平均年齢がデモ隊に較べて10歳ぐらい高いからだけかもしれないが。上海と言っても、東京と一緒で、田舎から出てきた人がたくさんいるからそういう人が多いのも理由なのかもしれない。
[PR]
# by voxvoxvox | 2005-04-18 00:18

4月16日

日本人2名がデモ隊を見学していて日本人だとばれて襲われそうになり、パトカーに逃げ込んだものの、パトカーの窓ガラスが割られて怪我をし、最後はパトカーが強引に発進して脱出したそうだ。

まぁ、イラクの人質になった人と一緒で、日本人の自覚は問われるだろうが、もっとびっくりするのは、パトカーを襲っていることである。

日本人だったら、パトカーの窓まで叩き割るだろうか?ここら辺のメンタリティーが中国の怖さだろうと思う。

日本人は反日ばかりを気にするが、欧米系のメディアを見ても、今回のデモが過去の反政府運動や外国排斥運動(日本以外の国もという意味)と同様の方向に行く可能性をみている。

彼らの政府の手先である警察に対するこの態度を見ても、政府というものを自分達の内側にあるものでなく、外側にあるものとしてとらえているのがびっくりである。

先日も書いたが、中国人のマインドセットの中で、文化大革命というのは、非常に大きなウエイトを占めている。彼ら、今、20歳ぐらいの学生でも、1980年代生まれということだから、文革の10年後に生まれた世代だということになる。親が20代のときに彼らが生まれたとすると、彼らの親は10代のときに文革を迎えたということになる。その国に裏切られた、特にインテリそうになればなるほど、勉強の機会を失われてその後社会で地位を築くことが出来なかった政府に対する恨みは強いはずである。

そういう親を持つ彼らの世代は、当然、政府を信用しているとは思えない。

中国人は、いつ、この文革のトラウマから抜け出せるのだろうか。それは、共産党による一党独裁が終わり、民主主義になったときなのだろうが、今回のデモを政府が止められなかったことは、民主化への流れの第一歩だと、後世捉えられるのかもしれない。
[PR]
# by voxvoxvox | 2005-04-17 00:54

4月16日

あんまりのんびりしたことを言っていてはいけないのかもしれないが、日本製品排除を叫びながらデモしているBBCの映像を見ていると、先週の北京でも指摘されていた通り、デモ隊自身が日本製のデジカメやビデオカメラで自分達を撮影している。だから、ふっと、思ったこと。

というのは、南米に住んでいたとき、農民が時々蜂起していたが、実は季節がいつも決まっていた。それは春である。春先に始まり、本格的な田植えというか農作物の手のかかる季節になると自然消滅するのである。日本でも、室町時代までの戦争は農閑期の秋の収穫後から春先にしか行われなかったという。というのは、秀吉が兵農分離を行うまで、侍=農民だったからである。

それと、欧米でのキリスト教でいうカーニバルがある。カーニバルはご存知の通り、2月のお祭りなのだが、これは長かった冬が終わりその寒さに閉じ込められてきた鬱憤をお祭りで吹き飛ばし春の到来を祝おうというのである。

何でこんなことを言うかというと、上海では、農民は勿論、大学生でも普通部屋に暖房はないから、冬の気温は零度を多少きる程度だが、体感の寒さはとてつもないものがある。暖房がないというより、建物に断熱材がないからという言い方の方が正しいかもしれないが、本当に、冬は大抵の家では外より内のほうが寒い。

だから、本当にこの季節、開放感が強いのである。ということで、確かに反日もあるが、今日のデモにたくさんの学生が集まったのは、このぽかぽか陽気で春を満喫し冬の鬱憤を晴らしているような気がするのだ。だから、一部の過激な人を除けば、それほど、真剣に皆デモしているのかなというのが感想。特に、私でも午前中に中国語の授業がなかったら見てこようかなと思うほど、関心高かったはずだし。。。
[PR]
# by voxvoxvox | 2005-04-16 14:57

4月16日

ついに、上海でデモが始まったらしい。

面白いのは、インターネットの日経ニュースで知ったのだが、朝日や読売は未だ伝えてないし、衛星のNHKニュースも全く触れていなかった。こういうところが日本で、普段社会ニュースに一番疎い日経が一番早いということは、日本では経済的なダメージが一番懸念されているということだろうか。それにしても、NHKはもうちょっとリアルタイムに報道しても良いと思う。北京のときはともかく、今回は予告されていたので、それなりの体制を用意すれば出来るのに。煽らないことと適度な情報で安心することは違う。

といっている私だが、昨日は3時ごろまで、今、デモが行われている所の対岸で遊んでいた。流石に、日本料理店は日本人はほとんどいなかった。自分の判断で安全だと思ったら出来るのが、自粛令が出ている駐在員との違いだろう。

何処かのサイトでまた実況中継をやってるのかな?私はもうすぐ、のんきに女子大生に中国語を家庭教師してもらいます。大抵の中国人は、特に、ある一定以上のお金持ちは気にしていないんだろうけど。

今回のデモを前日まで許さないといいながら行われたところを見ると、中国の情報コントロールにも限界に来た気がする。日中関係よりもこの中国の政治体制の根源をゆする事実のほうが将来的には重要なのであろう。

今、CNNはトップニュースで上海のデモを始めたが、NHKはなし。中国当局への遠慮があるのかもしれないが、CNNが報じている以上、そんなのは言い訳にならない。
[PR]
# by voxvoxvox | 2005-04-16 11:04