4月15日

明日はデモが予定されてるらしい。学校の留学生のお世話係りに聞いたら、実行されるかもしれないとのこと。どっちかというと、デモをやってくれると危ない人が一箇所に集まってくれて助かるけど、当局が強引に押さえ込もうとしているから、そのエネルギーがアドホック的に発散されるんじゃないかと心配。

といいながら、今晩もこれから飲みに行くのだけど。外人と一緒だから大丈夫かな。というか、外人は勿論抗日運動なんて気にしていないから、平気で誘ってくるんだよね。

でも、この緊張感って、テキサスにはなかったな。のんびりした暮らしに飽きてこっちに来たけど、本当にテキサスの生活とは大違いだ。

で、なんか政治ネタばかりなので、今日中国語の授業で教えてもらったちょっとした占い?

質問:あなたはゆで卵と生卵を一つずつ持っています。さて、その2個の卵を木の上、水の中、土の中、自分のポケットの中どこに保管しますか。2個とも一緒の場所に置いても良いし、別々においても良いです。


この続きはまた後で。
[PR]
# by voxvoxvox | 2005-04-15 19:20

4月14日

思い出した。

今日の授業の最初に教授が、中国では”中庸”という概念が主流を占め、短期的には極端に走っても必ず、最後は中庸になると強調していた。これは、今の学生のデモ騒ぎを指しているのであろう。彼からすると、あの文革ですら、終わったのだからということなのだろう。

欧米人は中庸という概念がさっぱり理解できていないようだったが、日本人はそういう意味で得である。といっても、私もよく分かっているわけでないが。

ちなみに、ヨーロッパ人はどうしても宗教と儒教をとらえる。でも、唯物主義の共産党へ入党するには宗教を捨てなければならないから、それと両立するとなると、宗教であってはならないのだよね。でもでも、中庸とかは四書五経の世界だから、儒教より前か。。。
[PR]
# by voxvoxvox | 2005-04-15 00:32

4月15日

今日も歴史の授業。だが、今日の教授は大学のお偉いさんで50代。

教授は紀元前から長々と説明をしだすが、イタリア人が手を上げて、昔の話はいいからあなたが経験した最近の話をしてという。ありがちなのだが、中国人は昔、中国が世界で一番栄えてきた頃の話をして中国はすごいんだという話をしたいのだが、我々が聞きたいのは彼らにとって恥部である近現代史。

でも、例えば、小麦や大豆が中国原産だとかそういう話は多少勉強になった。16世紀に米大陸の発見でとうもろこしとジャガイモが入って生産性が急に上がり人口が急増したのは中国も一緒らしい。でも、19世紀に欧米が中国を侵略しだしてから人口増が急減する。具体的に1741年から1790年までの人口増加率は1.4%なのに、1835年から1950年までは0.28%。これは小さい違いかと思うかもしれないが、前者が人口を1億4千万から3億に倍増以上なのに、後者は4億から5億5千万にしか増えていない。

今日の話の白眉は教授自身の文化大革命の経験。

彼は文革期に高校に通っていたという事実で、農村に送られ6年間を過ごした。奥さんは10年だったそう。文革が放棄されて大学が再開された翌年の1978年に大学入試に合格して、大学に見事戻ったらしい。でも、現地の農村で結婚したりしていたら、もうそれで未来はないし、いつ終わるか分からない文革の中で6年というのはとてつもなく、長い時間だろう。当時、大学には高校一年生でも試験に受かれば入れたので、大学は14歳から29歳まで平均23歳くらいが平均だったそう。

そういう未来がない、いくら勉強してもそれが役立つどころか周りからつるし上げられる危険が高くなるだけの状況で、何が彼を勉強させたのか?それは、彼の学問をすることでしか世の中は良くならないという確信だったという。

一般に、インテリを農村に送ったのは農民の生活を学ぶ再教育のためといわれているが、教授によると、インテリを都会においておくと吸収する仕事もなく浮浪者が多くなり歌劇になって危ないので、農村に送っただけだという。当時は大躍進の失敗の直後で、工場での仕事なんてまともなのはなかったそうだ。これは、文革後も、都会に行っても産業が壊れてしまっていて仕事がなく、都会に戻れなかった人は多いそうだ。

教授は、蒋介石に毛沢東が勝った理由として、大地主に基盤をおいていた蒋介石に対し、零細農民に対して大地主の土地を解放して庶民の支持を得たからと強調していた。この国では、今起きているデモもそうだが、学生が先走るがそれでは世は変わらない、庶民を動かさないと世の中は変わらないんだと言いたげだった。

以上で、よく分かるように、文革を否定する考え方は中国では一般的であるし、また、共産主義が機能しなかったというのも、普通に話されている。毛沢東は7割良いことをし、3割間違ったことをしたというのが人口に膾炙した評価らしい。ただ、それと、共産党の一党独裁批判とは別である。共産主義はなくなったが、依然として、一党独裁は続いている。

少し話がずれてしまったが、この教授のような苦学をしている人が率いているこの学校は強いと思う。ぐんぐんランキングがのびてるはずだ。CEIBSは今やFinancial Timesでは22位。University Of Texasとどっちを選ぶかといわれたら、今からだったら、CEIBSかな。

というのも、やっぱり、テキサスよりもこっちのほうが、やはり、中国語が学べるし、中国ビジネスが学べる。今や、上海駐在といったら企業でもエリートだから、留学中にそういう人と人脈が作れるのも大きい。

一方、テキサスのよさというのは、やっぱり、アメリカの考え方が分かること。ビジネスの手法ではどうしてもアメリカのほうが進んでいるから、特に、ファイナンスをやりたいのなら、アメリカが良いのであろう。これは教える内容が違うというわけでなく(テキサスのほうが規模が大きいのでElectiveが多く、専門的に勉強できるというのはあるが)、やはり、学校は学生によるので、学生がやっぱり、アメリカの学校の学生のほうが、合理的に考えるのである。だから、合理的に考える考え方を身につけたいならアメリカ、とにかく、ビジネスの伸びているところでチャンスをつかみたいのなら、上海かな。

後、生活は上海の今や東京とほとんど変わらない遊ぶところから日本食なんでもありの生活と、テキサスののんびりして落ち着いた生活と、これは好みの問題だな。どっちも、そういう意味では良いところです。ちなみに、University Of TexasのあるAustinはサボテンばっかりというテキサスのイメージとは大違いで、緑溢れる全米住みやすさランキングTOP3の常連の都市で、DELLをはじめ、IBM、Motorolaなど色々な企業があって、かなり!かなり!いいところです。
[PR]
# by voxvoxvox | 2005-04-14 23:32

4月14日

固い話題が続いたので。

中国語の先生によると、中国の誇れるもの3つ。

1四川的熊猫(四川のパンダ)

2北京烤鸭(北京ダック)

3上海男人(上海の男)

だそうだ。1,2位は納得がいくとして3位が何でかというと、①優しい、②お洒落、そして③家事をするというのだ。

お洒落と言うのは納得しがたいが、他地域に較べて相対的にというなら、分からないこともない。女性の服装は上海の場合、千葉レベル(失礼!)に来ているが、男性の場合、ちょっとまだ、日本の田舎レベルにも達していない。けど、気を使っているところだけでもましか。ちなみに、世界的にはやっぱり、イタリア人かな。アメリカ人は論外で、イタリア人でおしゃれでない人には会ったことがない。それも、色々なカラフルな色を着こなすのがすごい。

言葉も、中国人の男性は一般的に強いアクセントでしゃべるが、上海の男はそれ程強くなく、
それがお洒落らしいのだ。確かに、上海語はあまり汚くなく耳障りが悪くない。よく、彼らは日本語と耳障りが似ていてお洒落だと言う。確かに、アジア系の言語の中では日本語は聞いてて綺麗ですよね。

ところで、家事だが、上海の男は食事も作るらしい!っと、何で驚くかというと、上海の若い女性で食事を作る人って本当に居ないらしいのだ。女性の考え方や行動様式では既に、東京を抜いているんじゃないかと思う。これは、共産主義の時代から(今でも、一応そうだが)女性の社会進出が一般化されているからだろう。

男は大変だ!
[PR]
# by voxvoxvox | 2005-04-14 03:03

4月13日

NHKは未だ、トップニュースで伝えているが、大分落ち着いてきた気がする。

注目は今日になって、Yahoo Chinaの見出しにも、突然、北京のデモの中国の公式回答というニュースが載った事だ。こんなのが突然出てくると、日本じゃ、その報道のあり方のほうが大議論になりそうだが、この国でそんなことを言ってもしょうがないので。

内容は、日本が教科書問題を中心に謝罪すべきだとか安保理常任理事国のいすはこのままでは認められないとかありきたりのもの。NHKのニュースでやっていたが、
最初:デモで何も損害は生じていない
次に:デモの損害に対して謝罪する
今回:日本の自業自得で謝罪するのは日本だ
という流れで、どんどん時とともにコメントが変わり、最後に公式コメントが出るのは面白い。

そういえば、9.11のとき、たまたま南米に居てCNNの英語版とスペイン語版を同時に見ていたのだが、全くスタンスが違った。スペイン語は淡々とNHKとほぼ同様の調子で事実を伝えていたが、英語版は翌日になるともう、兵学校からのレポートが始まったりこれは戦争だと強い調子で言ったり。それを考えると、今回の日中の報道のギャップも理解できるところはある。

また、中国人に批判的なことばかり書いてきたが、日本人だって勿論偏っている。戦後のアメリカ統治の影響で、日本人ではアメリカ嫌いがまれで面白いことに我々みたいに留学すると教えられたアメリカと現実のアメリカのギャップに多くの人がアメリカに幻滅し嫌いになる。(例えば、人種差別や階層社会=アメリカのほうが日本よりよっぽど学歴社会である)また、去年の大統領選挙で焦点が当たったアメリカの保守性もそのひとつである。面白いことに、もともとアメリカは2大政党が保守とリベラルで争っているのだが、たまたま日本の統治のときにアメリカでは反対派が多すぎて理想を実現出来ない一派が日本に来て、極めてリベラルな福祉国家を作ったのである。よって、日本からアメリカを見ると非常に保守の弱肉強食の冷たい社会に見えるのである。ここら辺は歴史の偶然なのだが、日本人は日本人固有のものと思っている。それが違うのは、戦前の財閥資本主義の搾取振りをみれば分かるところである。

BBCニュースは特集をやっていたが、私の愛読しているNY Timesは昨日から、ネット上では記事が見つからない状態で、世界的な関心はこんなものなのでしょう。学校の欧米人も感心ななさそうだし。

実際、テキサスのどひまな同級生達と親以外は私に大丈夫かという連絡は来ない。多分、私が南米にいてクーデターに遭遇したりしていることを知ってるからたいしたことがないと思ってるのだろう。
[PR]
# by voxvoxvox | 2005-04-13 13:05

4月12日

今日は最後の歴史と文化の授業。

教授ももちろん、中国メディアで報道していない北京デモのことも知っているみたいだった。でも、ケーブルテレビで欧米のメディアを見たわけでないから、現状をきちんと把握していない。

上海でも日本人が殴られたことをある学生が言うと、そんなことも今の中国人の雰囲気ではそんなこともあってもおかしくないというようなことを言っていた。

彼女の結論は、とにかく、今回の問題は日本側が謝らないと始まらないと言っていて、当然ながら、日本の小泉さんが公式謝罪を求めてるなんて露知らずだった。

別に彼女が悪いわけでなく、情報がないのだからしょうがない。でも、仕事でも友人関係でも、問題が生じたときはまず、問題の現状分析を行って現状認識を合わせるのが第一で、それが出来ない現状では、解決するのは先ず不可能だと感じた。

ちなみに、ちょっと面白いのは中国のメディアで私も100%は分からないのだが、デモについては伝えていない。しかし、Yahooの見出し(日本語版でもトップページの右側真ん中にあるニューストピック欄)では、本来はデモに対するコメントの日本の細田官房長官の”お互いに理解しあう必要がある”という部分だけとりあげていたり、安保理の常任理事国にはアジアの周りの国の理解がないとなれないという新華社伝をとりあげて煽っていたりする。

でも、今日になると、一転して、日本が教科書問題とかで悪いことをしているのは日本の極右勢力のせいで一般の日本人は関係ないと急転し、2国間の貿易は非常に大きくそれが失われれば両国とも損をして他国を利するだけだから、経済問題に転化するのはやめようとなっている。

あぁ、こういう風に世論を動かしているのねというのが非常によく分かる。一方で、ほとんどの中国人は多少英語を理解する人でもよっぽどのお金持ちでもないと欧米メディアの見れるCATVには入っていないから、結局、デマに流される。朝日新聞の社説にどう書いてあったとか、日本人が全然気にしないものをとりあげて勝手に騒いでいる。

まぁ、もう、これ以上やると国際的に中国の立場がないのでこれで終結するのだろうが、共産主義体制について、本当に良い勉強になったと思う。文中にも書いたが、共通の現状認識を持たない相手といきなり解決策を話すほど無意味なことはないと思った。でも、最近の日本政府のアメリカ一辺倒で台湾問題とかでいたずらに中国を刺激するのも賛成できないが。

今回の事件は、中国の農村の貧富の格差拡大に対する不満が拡大している表れであろうから、いよいよ中国も難しいステージになってきたのかなと思う。今のように、学生が動いているだけなら、事は動くはずもない。世が動くのはいつも、庶民の不満と新興勢力の資金力が結びついたときである。今、最近現れた資本家は目の前にぶら下がる金儲けのチャンスに目を奪われて社会問題は二の次だろうから、彼らが事業拡大=金儲けを一段落し社会問題に目を向けるであろう、10年位後以降が社会が動くときなのだろうか。今の体制も、治安が良いので、私は好きなのだが。。。
[PR]
# by voxvoxvox | 2005-04-12 21:35

4月13日

日本にしたことがない人はとにかく、危ないんじゃないのという反応。

中国の抗日デモについて、いろいろメールで反応が来るが、アメリカのMBA仲間は一般的にだから、中国は未熟で未開だから嫌だというニュアンスが多い。発展途上国は危険だとかも、どっちかというと見下した見方かな。

で、海外関係の仕事をしている人は、これだけ相対的に国際的な日本の競争力が落ちているのに、最大のマーケットの中国との関係が悪くなって日本は将来やっていけるのだろうかという懸念が多い。

やっぱり、海外マーケットで仕事をしている人が一番敏感だと思う。

ちょっとこないだも書いたが、気になるのは、日本のここ最近の台湾問題や中国の軍事問題に対する対応だ。

中国の軍事費は、公式には200億ドルだが、実際は隠れ費用があり、その数倍で空母を攻撃できるミサイルも持っているという。間接的な言い方ながら、日本はこの中国の軍事費増大に懸念を示している。

それ以上に不可解なのが、この2月の台湾への安全保障上の懸念の表明だ。これは、アメリカとの共同の声明か何かなのでアメリカからの圧力があるのだろうが、ここまで国際的に中国の力が強くなってきている以上、どうなのだろうか。

確かに、今や、正面を切ってアジアで中国の軍事行動に対して意見をするのは日本だけになったが、その”つけ”を払わされる形になっている。向こう(中国)は日本をいらないが、こっち(日本)は経済的に日本は中国を必要としている。これ以上悪化したら、日本株暴落もありうるだろう。

今日、興味深いニュースとして中国とインドで2国間の国境問題が前進し、同時に300億ドルの経済協力が両極の首相の出席のもと、結ばれた。あの、犬猿の仲だった、インドが中国と仲良くしだしているのである!ヨーロッパとの関係も中国は強化しているし。

日本は本当にアメリカと中国という2大大国の間でどういうスタンスをとるかをもっと議論すべきだと思う。今みたいに、アメリカとべったりというのが本当に良いのか。今は岐路の気がする。韓国ほど中国に寝返るのはありえないと思うが、中国との関係にもっと気を使うべきでは。。。
[PR]
# by voxvoxvox | 2005-04-12 02:45

4月12日

最近は、MBAの今年秋入学の合格の報が届く季節である。UTにも何人かの型から連絡が入っていて喜ばしい限りである。

今、転職の面接についても、何故、UTに行ったのかを聞かれることがある。ということで、私のMBA選びはと、偉そうに言いたいところだが、実際、入学してから学校のウェブを数分見て気分で受験校を決めていた自分が如何にいい加減かを知ることになったのである。

一応、私は
1 暖かいところ(南米に行ってから寒さが身にこたえるようになった)
2 ランキング(基本的に、学生や教授の質は比例する)
3 入学エッセーの締切日(第一志望以外はエッセーを書くのに時間がかかるので、結構影響される)

まぁ、でも入ってみるとITとアントレに強いというイメージのUTも実はファイナンス専攻が学生の6割を占めていたりする。(私以外の日本からの同期もほとんど知らなかった)良かったのは同期で独身で私費が多かったこと。自由時間がMBAは多いから、独身が多いかまた、私費かとかはかなり影響する。また、ほとんどの人は日本に帰って就職するから、同期の日本人の人数そしてバックグラウンドというのも、自分ではUncotrollableなものの、重要である。

ということで、とりとめもない文章になってしまった。そもそも、私、MBAに何かを求めていったということよりは、10年間働いていろいろ学生のときに思い描いていたやりたい仕事もやらせてもらってある意味燃え尽きつつあったこと、そして体も疲れていたので、モラトリアムの休みを取りに行きたかったというのがそもそもMBAの志望の動機だったからである。本当は歴史とか文学部系のことを勉強したかったのですが、卒業後の就職を考えて泣く泣くMBAに。(本当の話)

ということで、あまり、何を学校に求めているわけでなかったから、志望動機も曖昧なのです。だから、今は、十分お休みできたので、満足しています!

ということですが、そろそろそのMBAも終わりに近づき一応勉強もしたので、そこを向こう1ヶ月でよかったこと悪かったことをまとめてみたいと思います。
[PR]
# by voxvoxvox | 2005-04-11 18:16

4月11日

抗日でもが大きく報道されている。(中国では規制されてしてないけど)CNNでもトップニュースに入ってきたから、世界的にも大きくなってるみたい。でも、欧米人は本当にこの問題については知らないけど。

上海でも2人が怪我したらしく、私のところにも多数の友人からメールを頂いて、ありがたいものです。結論から言うと、全然大丈夫。昨日も、中心街に行き、食事後、スターバックスで大声で日本語で日中関係について話していた!まぁ、安い店だと気をつけるべきだろうが、外人の多いところならば、何も変わりがないみたいです。

それにしても、今回の事件についていろいろなブログを見たけど、どうも、北京では一流大学の学生がデモの中心だったらしい。理由はともかく、数十年後に中国のというか場合によっては世界最強にもなるかもしれない国を動かすであろう彼らが、そういう感情を抱いていることは、日本の将来にとっても大きな憂いであることは間違いない。

ひとつは愛国+反日教育を受けていることなのだろうが、もうひとつは、一流大学の学生といえども、ほとんど外国に言ったことがないというのが大きな原因だろう。世界有数の影響力を持つ国とはいえ、彼らのいる大学の寮は大抵冷暖房のない数人部屋であり、そこは豊かに育ち自分のことだけを考えればよい環境で育っている日本人とは違う。彼らの実家はもっと貧しい生活をしている家も多いのだろうし。

そういえば、今、授業を受けている教授が繰り返し言うのだが、学生がいくら騒いでも結局は世の中は変わらない。それは、中国の長い歴史を見れば、学生運動で政権が転覆したことはないというのだ。今回の運動、市民も共感を持つ人が多いが、学生のデモを醒めて見ている人が多きがする。そういう観点からすると、いたずらに騒ぐべきではないと思う。

特に、NHKの報道は2人が怪我したことに対してあまりにも衝撃的にトップニュースで扱っていると思う。こういうことで、また、日本人の反中意識をいたずらに高める影響を考えているのだろうか。

今回の事件の発端になっているのは2月の日米安保協議における台湾を軍事戦略地域に指定したことであろう。この明確な反中の姿勢をとったときから、この反応は予期できた気がする。http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20050205AT1E0400A04022005.html
これから、向こう10年以上続けられるアメリカ+日本連合軍対中国のアジアでの勢力争いのその最初の問題なのかもしれない。韓国が明らかにアメリカよりも中国よりの姿勢をとることを去年決めてから、日本の立場が一層際立っているし。

日本にとっては中国とアメリカとどちらの大国の側にいるかは今世紀の最大の課題であろう。答えを出すのは難しい。
[PR]
# by voxvoxvox | 2005-04-11 17:38

4月10日

ローマ法王がなくなった。中絶の禁止やホモの禁止等、保守的過ぎるとの批判もあったようだが、世界100を超える国を訪問し、キリスト教の普及に努めたのは大きいと思う。彼の存在が東欧の民主化を早めたのは事実だろうし。まぁ、うがった見方をするとポーランド人の彼はヨーロッパ以外に基盤を求めて常に動かないと立場が安定しないと言うのはあったろうが、宗教もどれだけ信者を集めるかが一番勢力拡大に大きいのだから、彼の業績は偉大だったとしか言いようがない気がする。

アメリカがブッシュ親子にクリントンまで行くのを始めて、世界から主要国の首脳が集まった。これは、歴史的に、皇帝よりも政治的に力を持っていた時期がながくある法王の地位を考えると当たり前だろう。当然、次の法王決めはすごい権謀術数がとりまくのだろう。

アメリカの視点から見ると、これも重要だ。一部の日本のメディアでは、保守化しプロテスタントの原理主義が強まるアメリカではカトリックはそれほど重要でないと言う話もあるみたいだが、実際は、白人の少子化と既に最大のマイノリティとなったカトリックが大多数のヒスパニックの増加を考えると、次の法王の政治力は、アメリカ本国にはほとんど政治的に力を持たなかったヨハネパウロ二世の過去20年のご時世に較べると大幅に拡大すると思われる。

ここら辺はブッシュはメキシコに接しヒスパニックの勢いを直接感じるテキサスにいたから、敏感であろう。テキサスは同時にブッシュ本人を初めとしてプロテスタントの原理主義の根城でもあるし。テキサスは東海岸から見るとがさつで田舎モノに見えるが、確実に次の時代の流れが見える場所であり、日本の東西海岸ばかり見ているメディアは見えていないところである。
[PR]
# by voxvoxvox | 2005-04-10 01:40